パーソナルツール
現在の場所: ホーム ニュース 北村 正 教授 最終講義

北村 正 教授 最終講義

長きにわたり名工大にて教鞭をとられ、数多くの卒業生を輩出された北村先生の最終講義が2016年3月4日に行われました。

1983年より長きにわたり名工大において教鞭をとられ,数多くの卒業生を 輩出するとともに,副学長として大学運営にもご尽力されました北村 正先生が,2016年3月末をもって退職されるにあたり、3月4日に最終講義と先生を囲んでの軽食による懇談会が行われました。
 
最終講義 題 目: 「信号とデータの処理に関わって」 
 
最終講義では、先生が携わられてきた研究やこれまでの取り組みを、専門分野であるマルチメディア情報処理を軸にお話されました。
アナログ信号処理からデータ処理への移り変わりを通してご尽力された先生のご功績は絶大なるものであり、教え子として、名工大の後輩として、大変感銘を受けました。
 
いつでもやさしく見守ってくださった先生のご指導がもう受けられないと思うと、寂しい思いがします。
これまでの様々なご功労に敬意を表し、感謝申し上げると共に、今後も益々のご健康とご多幸をお祈り致します。
本当にありがとうございました。(野口)
 
 
Powered by Plone